members  
湯村温泉の「湯」を楽しむ
湯村温泉のお宿情報
湯村温泉ってどんなとこ?
湯村温泉へのアクセス
文字の大きさ変更
大きな文字
普通の文字
小さな文字

関連コンテンツ: 歴を楽しむ  

湯村温泉博覧館「夢千代館」

エントランスを抜けるとそこは懐かしい昭和の街並みがあります。

昭和初期の町並みを再現した湯村温泉博覧館「夢千代館」では、昔にタイムスリップしたような懐かしい空間が体験できます。

湯村温泉博覧館「夢千代館」は、夢千代日記の物語を展開しながら、人々が寄り添いながらも逞しく生きてきた、懐かしく、心温まる昭和の時代を再現しました。 

NHKドラマ夢千代日記に使用した舞台セットや小道具の展示。
主役を演じた吉永小百合さんの平和維持活動なども紹介しています。
受付で購入できる専用の便箋に手紙を書き、館内の丸型ポストに投函すると一年後に届くという「夢てがみ」も好評です。

夢千代館の内観

 『人はみんな寂しいんですね』 

これは、作者・早坂暁氏がドラマ「夢千代日記」の中に主旋律として綴り込んだテーマであり、人間の真実です。
「夢千代日記」の人気が今だ衰えることがないのは、夢千代や登場人物達の“寂しいからこそ寄りそって生きようとする姿が、それに触れた人々”に共感を与えているからです。

「夢千代日記」は湯村温泉の素朴で暖かな風土を背景に、日頃の生活で忘れがちな「ぬくもり」を感じ、生きることを再認識できるスペースの提供をコンセプトしています。

ふと心に風が吹いたなら、『夢千代館』へお越しください。

住所
新温泉町湯80
電話番号
0796-99-2300
期間時間
9:00〜18:00(受付終了17:40)
定休日
通年営業(但し、臨時休館日あり)
料金
一般(高校生以上)300円
小人150円(被爆者健康手帳を提示の場合は無料)
関連する記事


湯村温泉観光協会
〒669-6821 兵庫県美方郡新温泉町湯98
tel/0796-92-2000 fax/0796-92-2011
mail/yuroman@yumura.gr.jp
宿泊・旅館の空き情報などのお問い合わせはこちら
湯村温泉旅館料飲組合
〒669-6821 兵庫県美方郡新温泉町湯1354-1
tel/0796-92-0800(PM12:00〜PM5:00) fax/0796-92-2438
mail/info@yumura.gr.jp
お問い合わせ   ©2006-2016 湯村温泉 All rights reserved.